大きくする 標準 小さくする

ラグビー 2019/11

花園予選 準決勝 vs春日丘

投稿日時:2019/11/30(土) 19:37

こんにちは。11月9日 豊田運動公園球技場にて花園予選 準決勝が行われました。結果は以下の通りです。

vs春日丘

前半 3-28

後半 0-50

計    3-78

ついにここまでやってきました。試合が始まる前にキャプテンが言った言葉。「合宿も行ったし、たくさんランで走ってきたよな。全部、出し尽くそう」そんな言葉で、思い出が鮮明に浮かび上がりました。けれど、泣くのは勝ってから。そう思いぐっと涙を堪えます。コートに入っていく選手達の姿は誰よりもかっこよく見えました。

試合開始。序盤、敵陣で相手からペナルティを奪うことに成功します。気持ちを入れて攻めますが、4分、敵ボールで迎えた敵陣の22mラインアウト。ここから軽快なステップでパスを自陣まで回され、先制トライを奪われます。ですが、「大丈夫。ちゃんと守れる。」そんな選手達の声かけはとても頼もしいものでした。旭野ボールのキックオフから試合は再開します。しかし、ボールをキャッチした相手は、それをそのままトライに繋げます。0-14と2トライ差。ベンチからの声援も大きくなります。そこからは攻めては守られ、攻められては守り、一進一退の攻防が10分ほど続きます。均衡を破ったのは春日丘でした。開始20分、キックカウンターから抜けられて相手のトライ。そしてその4分後にも自陣ゴール前のスクラムからのトライを奪われます。しかしその後、相手が自陣のゴール前でペナルティを取られます。それをチャンスとし、旭野はショットを選択。無事成功し、3点を追加して前半は終了。

前半は相手のペナルティが多かったように感じました。なんとかそれを突いて攻め切りたいところです。ハーフタイムに落ち着いて先生の話を聞く選手の横顔を見て、私たちも気合を入れ直しました。

そして旭野ボールキックオフから後半が始まります。相手はそのボールを取り、その勢いのままトライ。その後も春日丘のスピード感のあるオフェンスは力強く、じわじわと点差を広げていきます。旭野も果敢にタックルに入り相手のトライを防ごうとします。しかし中々止めることはできません。時間は瞬く間に過ぎてゆき、結果は、前後半合わせて0-78で完敗しました。

学校=部活という生活の2年半だったように感じます。1日1日が必死で苦しいこと、悔しいこと、悲しいこと、楽しいこと、嬉しいこと、多くのことを実感してきました。部活内だけじゃなく、テストの点数を競ったり、ご飯を食べに行ったり、休日に遊びに行ったりしたそういう思い出の一つ一つが今でも鮮明に浮かんできます。辞めたいって思うことも、なんでこんな思いをして部活を続けなきゃいけないんだ、と思うこともみんな何度もあったと思います。実際に私たちもありました。しかし、失うものは何一つなく、得るものばかりで本当に言葉では伝えきれないあっという間の2年半でした。最後の最後までみんなを1番近くでサポートをすることができて良かったと心から思います。

そして3年生のみんな、私たちはみんなにとって良いマネージャーであれたかどうかわからないけれど、私たちにとってみんなは最高にかっこよく、最高に頼もしい自慢の部員です。今までお疲れ様でした。本当にありがとう。

後輩のみんな。これまで、私たち三年生に付いてきてくれてありがとう。“熱く 真摯に ひたむきに”この気持ちを忘れずに練習に取り組めば、もっと強くなれると思います。花園ラグビー場でのプレーが見れることを楽しみにしています。

また、メディカルやウエイトをサポートしてくださった方や、OB OGを初めとする多くの方々にお世話になりました。たくさんのお力添えをありがとうございました。

そして父母会の皆様には、これまで私たちの1番近くでサポートしていただきました。こうして今も旭野ラグビー部が続けられているのは父母会の皆様の力があったからこそだと思います。送迎や炊き出し、みんなの記録を写真やビデオに残してくださったこと、それだけはなく毎日の食事や洗濯など、常に私たちを陰ながら支えていただいたことは、私たちを動かしてくれる原動力でもありました。本当にありがとうございました。

これからも引き続き、新体制となった旭野ラグビー部の応援をお願い致します。

2019年11月9日引退      青木世代MG 仁湖 朱音



 

花園予選準々決勝vs栄徳

投稿日時:2019/11/06(水) 06:50

おはようございます。11月2日豊橋市民球場にて、花園予選準々決勝が行われました。結果は以下の通りです。

vs栄徳

前半14-5

後半14-19

合計28-24

相手は今年の春総体でも戦った栄徳。だからこそ、必ず勝たなければならないという気持ちが一層強くあった試合でした。

前半は開始4分、敵陣ゴール前付近での相手ボールスクラムからピックで押し込まれ先制トライを逃してしまいます。しかし、旭野は焦ることなく前半8分、ハーフライン付近でのマイボールラインアウトからパスを回してトライ。そしてコンバージョンを決め7-5と逆転に成功。ここから更に勢いをつけ、開始20分にも再びトライ。前半終了間際で選択したショットは惜しくも外れてしまいましたが14-5で旭野がリードして前半を終えます。

短い時間でプレーを再確認して迎えた後半は、わずか開始3分、敵陣22mライン付近でのマイボールラインアウトからパスを回して旭野がトライ。その3分後にも11番が独走トライを決め、試合の流れは旭野が掴んでいました。しかし、ここから栄徳の反撃が始まり後半11分、17分、26分と連続トライを許してしまいます。気づけば4点差となり、どちらが勝ってもおかしくない状況に。しかし、必死に相手のトライを死守し後半14-19、合計28-24で試合終了。

来週は、いよいよ春日丘との対戦となります。この残された短い1週間を大事にしなければなりません。「熱く、真摯に、ひたむきに」旭野らしいプレーができるようチームで闘い抜きたいと思います。

父母会、OBやOGの皆様、そして見に来てくれた友達、遠い中応援に来て下さり本当にありがとうございました!本当に皆様の力があったからこそ、ここまで来る事ができたと思います。常に私たちを信じ、応援をして下さる皆様のためにも愛知県優勝、そして花園出場を果たせるように最後まで諦めずに頑張ります。これからもよろしくお願いします!

3年MG朱音

<< 2019年11月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログテーマ