大きくする 標準 小さくする

ラグビー

<<前へ次へ>>

練習試合vs豊田工業

投稿日時:2019/12/21(土) 19:45





更新が遅れてしまい、申し訳ありません。



11月7日に東海学園大学グラウンドにて豊田工業高校との練習試合が行われました。結果は以下の通りです。



25分×2、10分×1



Avs豊田工業A



前半 14-7



後半 7-7



合計 21-14



Bvs豊田工業B



0-0



前半は旭野のキックオフからスタートします。開始早々、何度も敵陣のゴールライン側まで迫りますが、モールで押し返される場面が多く見られ、なかなかトライを決めることができません。開始13分後、敵陣22mライン付近で相手がモールを仕掛けますが、相手の隙を狙ってマイボールにし、そのまま走り抜けてトライ。この調子で流れを掴みたいところですが、スクラムをターンオーバーされ、相手もトライを決めていきます。そして、最後に旭野が1本のトライを取り、前半は終了。







後半。開始2分後、自陣22mライン付近で相手のFWが押し切ってトライ。そのまま相手の勢いを止められず、自陣でのディフェンスが中心となってしまいます。そして試合の終盤、相手のスクラムでのボールアウトをきっかけにして、マイボールに。BKのパス回しで旭野がトライを決めて、試合終了。







Bチームは旭野のキックオフで試合開始。互いにボールを譲らず、上手く試合が動かすことができません。そして、そのまま試合終了。ノーペナルティーで抑えることができましたが、トライを決めることはできませんでした。







今回の試合はスクラムやモールで攻めることがあまりできず、自分たちの体の小ささを痛感する試合だったと思います。この反省を生かし、体を大きくすることにも専念していきたいと思います。







父母会の皆様、いつも応援ありがとうございます。冬休みも近づき、名北予選の時期となりました。まだ先輩らしくなりきれていない私たちなので、沢山のご心配をおかけすると思いますが、これからもよろしくお願いいたします!



2年MG遥香

練習試合vs一宮西

投稿日時:2019/12/20(金) 19:45

こんばんは。投稿遅れてすみません。11月30日に旭野高校にて一宮西高校との練習試合が行われました。結果は以下の通りです。


 

A vs一宮西(25分×2)


 

前半28-0


 

後半5-0


 

計33-0


 

先輩方が引退して3週間。


 

新チームになって初めての練習試合でした。


 

マイボールから始まった前半。ノックオンなどのミスが目立ちましたが試合開始9分、敵陣22mライン付近のマイボールラインアウトを成功させ先制トライに繋ぎます。試合の流れを掴んだ旭野は相手のペナルティから続けて2本のトライを決めます。その後、1本トライをして相手を0点で抑えて前半は終了します。


 

後半。前半のように旭野の流れを作りたいところでしたが、疲れが出てきたのかミスをしたり足をつる人がでてきたりして思うようにプレーができない場面もありました。しかし開始21分、旭野の強みであるモールで押しんでトライ。その後も相手に点を取らせることなく試合は終了しました。


 

名北予選まで3週間を切りました。目標である東海大会出場のために日々の練習に励んでいきたいと思います。


 

父母会の皆様、いつも応援ありがとうございます。冬になり風邪やインフルエンザが流行る時期になりました。体調管理に気を付けて万全の状態で試合に挑もうと思います。これからも応援よろしくお願いします!


 

2年MG華子

花園予選 準決勝 vs春日丘

投稿日時:2019/11/30(土) 19:37

こんにちは。11月9日 豊田運動公園球技場にて花園予選 準決勝が行われました。結果は以下の通りです。

vs春日丘

前半 3-28

後半 0-50

計    3-78

ついにここまでやってきました。試合が始まる前にキャプテンが言った言葉。「合宿も行ったし、たくさんランで走ってきたよな。全部、出し尽くそう」そんな言葉で、思い出が鮮明に浮かび上がりました。けれど、泣くのは勝ってから。そう思いぐっと涙を堪えます。コートに入っていく選手達の姿は誰よりもかっこよく見えました。

試合開始。序盤、敵陣で相手からペナルティを奪うことに成功します。気持ちを入れて攻めますが、4分、敵ボールで迎えた敵陣の22mラインアウト。ここから軽快なステップでパスを自陣まで回され、先制トライを奪われます。ですが、「大丈夫。ちゃんと守れる。」そんな選手達の声かけはとても頼もしいものでした。旭野ボールのキックオフから試合は再開します。しかし、ボールをキャッチした相手は、それをそのままトライに繋げます。0-14と2トライ差。ベンチからの声援も大きくなります。そこからは攻めては守られ、攻められては守り、一進一退の攻防が10分ほど続きます。均衡を破ったのは春日丘でした。開始20分、キックカウンターから抜けられて相手のトライ。そしてその4分後にも自陣ゴール前のスクラムからのトライを奪われます。しかしその後、相手が自陣のゴール前でペナルティを取られます。それをチャンスとし、旭野はショットを選択。無事成功し、3点を追加して前半は終了。

前半は相手のペナルティが多かったように感じました。なんとかそれを突いて攻め切りたいところです。ハーフタイムに落ち着いて先生の話を聞く選手の横顔を見て、私たちも気合を入れ直しました。

そして旭野ボールキックオフから後半が始まります。相手はそのボールを取り、その勢いのままトライ。その後も春日丘のスピード感のあるオフェンスは力強く、じわじわと点差を広げていきます。旭野も果敢にタックルに入り相手のトライを防ごうとします。しかし中々止めることはできません。時間は瞬く間に過ぎてゆき、結果は、前後半合わせて0-78で完敗しました。

学校=部活という生活の2年半だったように感じます。1日1日が必死で苦しいこと、悔しいこと、悲しいこと、楽しいこと、嬉しいこと、多くのことを実感してきました。部活内だけじゃなく、テストの点数を競ったり、ご飯を食べに行ったり、休日に遊びに行ったりしたそういう思い出の一つ一つが今でも鮮明に浮かんできます。辞めたいって思うことも、なんでこんな思いをして部活を続けなきゃいけないんだ、と思うこともみんな何度もあったと思います。実際に私たちもありました。しかし、失うものは何一つなく、得るものばかりで本当に言葉では伝えきれないあっという間の2年半でした。最後の最後までみんなを1番近くでサポートをすることができて良かったと心から思います。

そして3年生のみんな、私たちはみんなにとって良いマネージャーであれたかどうかわからないけれど、私たちにとってみんなは最高にかっこよく、最高に頼もしい自慢の部員です。今までお疲れ様でした。本当にありがとう。

後輩のみんな。これまで、私たち三年生に付いてきてくれてありがとう。“熱く 真摯に ひたむきに”この気持ちを忘れずに練習に取り組めば、もっと強くなれると思います。花園ラグビー場でのプレーが見れることを楽しみにしています。

また、メディカルやウエイトをサポートしてくださった方や、OB OGを初めとする多くの方々にお世話になりました。たくさんのお力添えをありがとうございました。

そして父母会の皆様には、これまで私たちの1番近くでサポートしていただきました。こうして今も旭野ラグビー部が続けられているのは父母会の皆様の力があったからこそだと思います。送迎や炊き出し、みんなの記録を写真やビデオに残してくださったこと、それだけはなく毎日の食事や洗濯など、常に私たちを陰ながら支えていただいたことは、私たちを動かしてくれる原動力でもありました。本当にありがとうございました。

これからも引き続き、新体制となった旭野ラグビー部の応援をお願い致します。

2019年11月9日引退      青木世代MG 仁湖 朱音



 

花園予選準々決勝vs栄徳

投稿日時:2019/11/06(水) 06:50

おはようございます。11月2日豊橋市民球場にて、花園予選準々決勝が行われました。結果は以下の通りです。

vs栄徳

前半14-5

後半14-19

合計28-24

相手は今年の春総体でも戦った栄徳。だからこそ、必ず勝たなければならないという気持ちが一層強くあった試合でした。

前半は開始4分、敵陣ゴール前付近での相手ボールスクラムからピックで押し込まれ先制トライを逃してしまいます。しかし、旭野は焦ることなく前半8分、ハーフライン付近でのマイボールラインアウトからパスを回してトライ。そしてコンバージョンを決め7-5と逆転に成功。ここから更に勢いをつけ、開始20分にも再びトライ。前半終了間際で選択したショットは惜しくも外れてしまいましたが14-5で旭野がリードして前半を終えます。

短い時間でプレーを再確認して迎えた後半は、わずか開始3分、敵陣22mライン付近でのマイボールラインアウトからパスを回して旭野がトライ。その3分後にも11番が独走トライを決め、試合の流れは旭野が掴んでいました。しかし、ここから栄徳の反撃が始まり後半11分、17分、26分と連続トライを許してしまいます。気づけば4点差となり、どちらが勝ってもおかしくない状況に。しかし、必死に相手のトライを死守し後半14-19、合計28-24で試合終了。

来週は、いよいよ春日丘との対戦となります。この残された短い1週間を大事にしなければなりません。「熱く、真摯に、ひたむきに」旭野らしいプレーができるようチームで闘い抜きたいと思います。

父母会、OBやOGの皆様、そして見に来てくれた友達、遠い中応援に来て下さり本当にありがとうございました!本当に皆様の力があったからこそ、ここまで来る事ができたと思います。常に私たちを信じ、応援をして下さる皆様のためにも愛知県優勝、そして花園出場を果たせるように最後まで諦めずに頑張ります。これからもよろしくお願いします!

3年MG朱音

花園予選 1回戦 vs名古屋西

投稿日時:2019/10/31(木) 22:02

こんばんは。10月26日、一宮光明寺サブグラウンドにて花園予選1回戦が行われました。結果は以下の通りです。

前半 24-0

後半 12-0

計 36-0

ついに花園予選が始まりました。2年半、ここまでずっと前だけを向いて走ってきました。負けたら終わり、けれど勝ったら終わらない。悔いが残らないように、一戦一戦を大事にして戦っていきたいです。

前半。開始4分後、敵陣のマイーボールスクラムからパスを回してトライを決めます。幸先の良いスタートを切ることができました。的確にパスやタックルをして落ち着いたプレーができており、痺れを切らした相手のペナルティを誘う場面も多くあったように感じました。そして前半14分、敵陣ゴール前のマイボールラインアウトからFWのピックで押し込んでトライ。その3分後、ハーフライン付近マイボールスクラムからの9番のパスを13番が受け取って走り出し、そのまま止められることなく独走トライ。その後もう1トライを決め、相手を0点で抑えて前半は終了。

後半は相手ボールからのキックオフでスタートします。4分後、相手ボールのスクラムをターンオーバーすると、その勢いに乗って自陣ゴール前からの相手ペナルティから、モールで押し込んでトライ。6分後にもラインアウトからのトライを奪います。その後、一度ハーフライン付近から相手が抜けて自陣を独走しトライしかけますが、バックスが追いつき阻止することができました。そして36-0で試合は終了しました。

2回戦の相手は、春総体でも戦った栄徳高校です。春から互いにレベルアップをしての再戦です。今回の試合でミスは多くありましたが、何とかカバーできていました。しかしここからは1つのミスが後々のプレー、そして雰囲気に大きく関わっていきます。より一層気を引き締めて丁寧にプレーしていきたいです。

父母会、そしてOBとOGの皆様。たくさんの声援をありがとうございました。とても力になりました。全員で気持ちを1つにして戦い抜こうと思います。今週もよろしくお願い致します。

3年MG仁湖
«前へ次へ»

<< 2020年1月  >>

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログテーマ