大きくする 標準 小さくする

ラグビー

練習試合 VS名古屋

投稿日時:2017/10/21(土) 09:34

おはようございます。10月15日名古屋高校グラウンドで練習試合が行われました。結果は以下の通りです。



vs名古屋A

前0-5

後7-0

計7-5



vs名古屋B

前0-7

後0-12

計0-19



vs名古屋C 

0-0



前半両チーム硬いディフェンスでトライを許しません。自陣まで攻められますが名古屋のペナルティからなんとか守りきることができました。しかし自陣でのディフェンスの機会が多くありました。旭野がモールを作るも名古屋は組ませまいと崩しにきます。

その後前半28分旭野キックから名古屋がハーフライン付近でキャッチすると空いてる部分を走られパス回されトライ。先制トライを奪われます。その後旭野は奪い返すことができず前半終了。後半、負けてる場合ではないと気合を入れ直し望みました。敵陣でプレーする機会がありましたが天候が悪いことがありハンドリングミスもありました。ゴール前での必死の粘りを見せますが名古屋の硬いディフェンスに取り切ることができません。その後相手ペナルティから後半20分モールでゲインしFWで押してトライ。キック成功。「あげてくぞ」「まだまだこっからだ」との声がきこえてきました。全員が体を当て、必死にトライを奪いに行きます。ノックオンで相手ボールになろうが「スクラムでターンオーバー」との声が聞こえてきました。後半29分名古屋がペナルティを取り攻めますが外からは焦るなとの声がかかったものの、ターンオーバーされてしまい、自陣でモールを組まれゲインされますが守りきり7-5で試合終了。

Aチームにとってとても大事な一戦になったと思います。もう花園予選、私たちの初戦まで2週間をきりました。このままでいいのか、全員が思い考えることができたと思います。目標の相手に勝つために、最後誰1人も後悔しないために、残りの限られた時間の中でできることを全てしていってほしいです。

私は今回の試合でのみんなの負けてたまるかという強い思いに、必死のプレーに感動しました。



BチームCチーム、勝ちにこだわって望んだ試合だったと思います。ですがBチームは自分たちのミスから相手にチャンスを与えてしまいトライを取られてしまう場面が何度かありました。トライを取られたあとには「ペナルティをなくそう」などの声も聞こえてきました。

Cチームは15分ではありましたが敵陣でのプレーが多かったと思います。ディフェンスではフィジカルの強い相手にもタックルに入って必死に止める姿が見られました。ですが相手ボールスクラムでのタームオーバの場面もありまだ残る多くの課題を話し合い次に活かせたらいいなと思います。



父母会の皆様、雨の中多くの声援ありがとうございました。試合中の「旭野ファイト」などの声は必ず選手に届き力になると思います。本日の遠征が花園予選までにできる練習試合最後となりました。本日も全員で闘います。よろしくお願いします。



                             3年MG 咲良

アーカイブ

トラックバック一覧